Good-Life

テレワーク中も夫婦仲良く過ごしたい!関係を良好に保つコツ

新型コロナウイルスの影響でテレワークが推奨され、そろそろ家で仕事する環境に慣れてきた頃でしょうか。

緊急事態宣言は解除されても、テレワークを続ける企業は多いですよね。

今までよりも夫婦が一緒に過ごす時間が増えたことで、予期せぬストレスを抱えている方もいるでしょう。

筆者はまだ新婚ですが、それでもやはり夫婦一緒にいる時間が長くなり、体力の有り余った子供がいるのに外出が制限されるとストレスは溜まるものです…。

そこで、夫婦共にテレワークで一日中自宅にいても関係を良好に保つコツを紹介します。

お互いにとって快適な仕事環境を話し合う

まずは、同室と別室のどちらで仕事するのが快適かを話し合うことが大切です。

音声通話やビデオ会議が少ない仕事なら同じ部屋で仕事をしても、相手の邪魔になりません。

かえって緊張感が出て、仕事に集中しやすくなるケースもあるでしょう。

一方で、別室だと一人きりになるので相手を気にせず仕事に取り組めます。

一人になれる時間があれば長時間に自宅にいても、少しはリフレッシュできますよね。

とはいえ、自宅で一日中仕事をしているとどうしても息が詰まってしまいます。

そこで我が家では、バルコニー用のテーブルと椅子の購入を検討中!

「カフェ気分が味わえるかも!」と夫婦で盛り上がっています。

仕事や2人でのんびりする時間などに使う予定です。

仕事とプライベートの時間をはっきりさせる

テレワークも夫婦関係も円満かつ、快適にしていきたいなら時間を決めて仕事しなければいけません。

例えば仕事は18時までと決めたら、18時以降は夫婦で過ごしたり、子供と遊んだりしましょう。

時間を決めて仕事をすれば、効率アップにも繋がります。

我が家では保育園が再開した今は夕方で仕事を切り上げて、子供が寝た後は夫婦で話したり映画を観たりする時間にしています。

たとえ忙しくても、少しでいいので夫婦の時間を作ることが良好な関係を保つ秘訣です。

スケジュールを共有して家事や子育ては分担するのがカギ

自宅にいる時間が増えると以前よりも部屋が散らかしやすく、ご飯を作る回数も増えますよね。

夫婦関係を良好に保つには、家事育児の役割分担することが大切です。

仕事のスケジュールを共有して「この日はビデオ会議があるから保育園のお迎えよろしくね」「私が晩ご飯の準備をする間に子供の宿題を見てくれない?」と、夫婦で協力し合いましょう。

夫婦間の不平等さが浮き彫りになりやすいテレワークでは、家事育児の分担を話し合い、どちらか一方が不満を抱えないようにすることが関係を良好に保つコツの一つです。

テレワーク中も円満な夫婦関係を維持するために

これからもテレワークする人や企業は増えて、今後は当たり前になるかもしれません。

自宅で仕事をする環境作り、夫婦で協力し合える関係作りがますます重要になっていきます。

良好な夫婦関係を維持するためにも、相手への気遣いや思いやり、「仲の良い夫婦でいたい」という気持ちを大切にしましょう。

公式SNSにて情報配信中

制作会社及び広告代理店様の下請作業請負ます。

デジタルクリエーションでは制作会社及び広告代理店様からの下請案件を受注しております。急な案件で人手が足りない時・技術的に対応が難しい案件・いつもの下請さんだと予算が厳しい...など、デザインのみ・コーディングのみ・システム開発のみでも相談可能です。弊社のママクリエイター・パラクリエイターにお気軽にご相談ください。
電話受付時間:10:00-17:00(平日)

TEL:06-6730-9005

お見積りは無料
ホームページ制作・Web運用について、また、その他の事業内容に関するご質問などございましたら、
ご訪問での対応も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ