WEB

「大いなる力には大いなる責任が伴う」Webの本来の目的??

インターネットが社会に浸透する傍らで、 多くの問題も生まれています。   利益優先したモラルを無視した情報の掲載であったり、 根拠の無い情報をさも真実かの様に掲載していた記事が、 インターネット上では氾濫しています。  

Webの世界はまだまだは未熟な世界 

  社会はSocity5.0時代へと進行する一方で、 インターネットの世界というのは、 他の産業に比べてまだまだ未熟な部分もあります。  

Webの生みの親 ティム・バーナーズ・リー

World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)通称:W3Cが創立したのが1994年である。 このW3Cの創立者であるティム・バナーズ・リーがHTML、つまりは情報と情報を蜘蛛の巣ように世界中に繋げる仕組みを開発した、 つまりは今のインターネットの産みの親になります。   って事は今はもうあたり前になってきているWebの年齢はおおよそ・・・  

参照:ウィキペディア

27歳!    

そうまだ27歳なんです。    
27歳の頃といえば皆さん何してました?? 27歳の頃の僕なんて本当にロクな事は何もしてなかった様に思います(T ^ T)  

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

「大いなる力には大いなる責任が伴う」  
スパイダーマンのセリフです。
インターネットには限りない可能性があります。

しかも生まれたばかりで、 わからない人にはわからない事だらけという事もあり、 野蛮で暴力的な部分も秘めています。

Webの本来の目的

  Webの本来の目的とは一体なんなんでしょうか??
これもティム・バーナーズ・リー博士が答えを出してくれています。

  “Web”のパワーはそのユニバーサル性にある。障害に関係なく誰もがアクセスできることは、”Web”の根幹をなす要素の一つである。  

https://wired.jp/2019/03/25/tim-berners-lee-world-wide-web-anniversary/

つまりは僕はこう捉えてます。
誰もがその人にとって有益な情報に、人種や障害など分け隔てなくアクセスできるところであると思います。

  このWeb本来の基本的の考えの上に、
全てのWebシステムの存在があり、情報発信者の利益を優先する為でなく、
それを見る人のため、
つまりはエンドユーザーの為にWebサービスの根幹を支えるシステムは作られています。  

良い情報を効率良く発信できるサイトが評価される

  最初に言いましたが、Webは生まれたばかりでありまだまだ野蛮なところも多くあります。

ですがそれはどの産業も通る道のりであり、
時間を掛けて最初の理念に向かって成熟していきます。

こうすれば儲かる、こうすればコンバーションが上がる、
こうすればSEOがあがるとかなど、
そういう情報は一時的なモノであり、目の前の結果に振り回される過ぎると、 大きな責任を伴う結果になりかねません。  

売り上げを上げたい、アクセスを伸ばしたいと思うのでしたら、
エンドユーザーにとって必要な情報を効率的に伝える事に焦点をあてれば、
おのずと望む結果に繋がります。

  何故ならWebサービスはエンドユーザーにとって最良の効果が生み出される様に、進化しているからなのです。  

公式SNSにて情報配信中

制作会社及び広告代理店様の下請作業請負ます。

デジタルクリエーションでは制作会社及び広告代理店様からの下請案件を受注しております。急な案件で人手が足りない時・技術的に対応が難しい案件・いつもの下請さんだと予算が厳しい...など、デザインのみ・コーディングのみ・システム開発のみでも相談可能です。弊社のママクリエイター・パラクリエイターにお気軽にご相談ください。
電話受付時間:10:00-17:00(平日)

TEL:06-6730-9005

お見積りは無料
ホームページ制作・Web運用について、また、その他の事業内容に関するご質問などございましたら、
ご訪問での対応も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ