fbpx

WEB

Webサービスの原点

Webサービスの原点

いつものまにか生活必需品となったWeb・・・。

20年程前まではその存在すら知らない人がほとんどでしたが、
今や主婦の晩御飯から学生さんのお勉強、会社の資料作成など「ある時〜!ない時〜!」
比較してみてくださいその環境の違いに、
では今回はそもそもWebって何なんだろうって事を書いてみます。

何がWebなの??

そもそもWebと呼んでいますが、
日本ではそういう言い方はしないかもです。

むしろインターネットという言葉を利用したり、
端的にネットと呼んでしまうケースが多いのが現実です。

特にWebを仕事にしている人間からすると、
皆様が一般的に使っているWeb用語の使い方に違和感を覚えたりもします。

厳密に言えばインターネットとWEBは違うものですが、
ここでは一般的に使われている傾向をふまえ、
WEBとインターネットは同意語として扱っていきます。

Webが利用されているシーン

実際にWebがどの様なシーンで利用されているかを考えると、
Webの存在が具体的にハッキリとしてきます。

Webサイト(ホームページ)はもちろんの事、
ブログやSNS、銀行の決済システムやホテルの予約サイトまで、
携帯やパソコンでネットワークに接続して情報を取得するみたいなものが、
実感ベースとしてのWebではないでしょうか。

Webは情報の集合体

Webは情報の集合体です。
その情報を整理・集約して使いやすくしたものが、
Webサービスの原点でもあるでしょう。
例えばコンパとかで美味しいお店などをいち早く知っていたりすると、
非常に超重宝がられますよね??

そうなってくると会話の中でしれっと「他にもすごいいい店しってるんだ!」となり、その次へ期待度がUPしますよねww

webはつまるところ唯の情報の集合体。

有益な情報もたくさんありますが、
無意味と感じる情報もあるかも知れません、
そして時には目にしたくない情報もあるでしょう。

ですが、そこにはただ情報が大量に存在しています。
それがWEBであり一言でWEBを説明するのであれば、
「誰でも利用できるたくさんの情報がある場所」
と言う事ができると思います。

Webサービスの原点

ユーザーの判断で必要な情報をピックアップする事ができる。

個人であり企業であり自社のWebの管理者の役割は、
ユーザーにとって有益な情報を提供するという事が、
Webサービスの原点であります。

上記にも書いた様に大きな変化がない限りそれがWebサービスであり、
今後も変わる事はないでしょう。

Webはインターネットが繋がる環境であれば、
誰でも情報を発信する事ができます。
ですがその情報がユーザーにとって有益な情報でなければ、
そのサイトはすぐに飽きられて、違う情報を探すでしょう。

ですので、Webサービスを運営・管理する立場の人間は、
常にその情報が本当にユーザーにとって有益な情報かどうかいう事を、
意識しなければいけないと思います。

Webと上手なお付合い

とある社長
とある社長

「俺はWebなんて嫌いだ!」

孫や犬の写真をせっせとSNSに投稿してるやん…

デジクリ
デジクリ

自分には関係無い存在だと思っていても、
今やWebが生活とは切っても切り離せない存在であり、
この傾向は益々と進んでいくと思います。

Webなんて誰かスタッフにまかしておけばいぃーや!
ではもはや通用しません。

読み書きパソコン・ITの時代です。

自社や自店舗でWeb運営の専門家が必要となり、
自社の意向を伝える際にも最低限の基礎知識がなければ、
意思疎通ができませんし、ITコミュニケーションの障壁を超えるために、
不必要なコストがかかってしまいます。


これからの時代に必要不可欠であるWeb運営を効率的に行うための、
有益な情報をこちらのブログでは掲載していきたいと思います。

公式SNSにて情報配信中

お問い合わせ

お見積りは無料
ホームページ制作・Web運用について、また、その他の事業内容に関するご質問などございましたら、
ご訪問での対応も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ